ラクトフェリンを効率的に身体に摂りこむ〜腸スッキリNEW成分〜

手軽に摂取

効果と摂取するタイミング

母親の母乳を飲んで育った赤ちゃんは、免疫力が高くなることで、病気になりにくくなるということが知られています。これは、母乳の中にラクトフェリンというタンパク質が含まれているからです。ラクトフェリンには、免疫細胞を強化したり、鉄分の吸収率をアップさせたりする作用があるのです。そのため摂取することで、丈夫で健康的な体に育ちやすくなるのです。 そして昨今では、サプリメントによって、大人でもこのラクトフェリンを手軽に摂取できるようになっています。ラクトフェリンは、満腹時に摂取するより、空腹時に摂取した方が、体内に吸収されやすいです。さらに、一度に大量に摂取するよりも、少量ずつこまめに摂取した方が、効果が出てきやすいです。そのためタイミングに注意しながら摂取することが大事です。

免疫細胞が強化されることで得られる効果

ラクトフェリンによって免疫細胞が強化されれば、体は様々なウイルスや菌による影響を受けにくくなります。たとえばインフルエンザなどの感染症になりにくくなりますし、ピロリ菌による胃の不調も起こりにくくなるのです。 また、腸内の悪玉菌の影響を受けにくくなることから、便秘の予防改善効果が出てきます。腸内環境が悪くなると、体臭や肌荒れが生じてくるのですが、これらももちろん防がれます。 さらに免疫細胞により、癌細胞も減っていくことになります。つまりラクトフェリンを摂取すれば、癌の発症を防ぐことや、癌細胞の転移を抑えたりすることもできるわけです。 このように健康面や美容面での様々な効果を得ることができるため、多くの人がラクトフェリンのサプリメントを飲んでいます。